おしっこぶっかけや手マン潮吹きオナニーなんかも楽しめるって本当?

ライブちゃっとってかなり過激でエッチな子が多いって聞くけど本当なの?

本当です。

今や男性のほとんどがエロに求めているであろう、潮吹きなんかも堪能してしまえるのです。

男性よりも女性の方が実はエロいのでは?なんて思ってしまうと思います。

ここでは「おしっこぶっかけや手マン潮吹きオナニーなんかも楽しめるって本当?」についてお話していきたいと思います。

プロフィールを確認してみると良い

チャットレディー(以後チャトレ)のプロフィールに登録ジャンルや可能なプレイなどが記載されています。

ライブちゃっとによっても記載方法などは変わってきますので、その点はご了承下さい。

タイプ別で女の子を探る

タイプ別というのはどういうことか?

それは物理的に不可能なことなのか、それとも精神的に不可能なものなのかといったことです。

まず、物理的に不可能というのは、潮吹きやおしっこを出せる環境下ではないといったケースです。

潮吹きプレイが可能なチャトレの場合、潮吹き専用にシートを準備していることが多いです。

チャットブースは基本的に多数のチャトレと共有するため、汚せないからといったケースもあります。

自宅配信や、専用チャットブースといったこともあると思いますので、チャトレにメールで確認してみても良いでしょう。

次に物理的に不可能なケースとして、放尿は可能でも潮を吹くことができないという体の場合です。

この場合は無理に女の子に潮を吹いてと言ってもできないものはできません。

「何でできないの?他の子できてるよ?」など精神的に追い詰めてもチャットが楽しくなくなってしまいます。

「バク転できないの?他の人できてるよ?」と言われてもできないものはできないのです。

次は精神的に不可能といった場合です。

チャトレと言えども1人の人間です。

好き嫌いはあって当然ですし、無理強いしてチャトレのやる気を削ぐくらいなら、他の女の子を探した方が賢明です。

吹けない子に吹けと言うよりも吹ける子を探そう

「顔はめちゃくちゃ好みなんだけどな~」

反対に…

「あまり好みじゃないけどいいオナニーするんだよな~」

というようなこともあると思います。

この場合、不可能なことを無理にお願いしても時間の無駄です。

ラブラブカップルのようなシチュエーションを楽しむなら前者、エッチを存分に楽しむなら後者といった形で分けて楽しむのも1つの手だと思います。

チャトレの登録人数はかなりいます。

おしっこぶっかけや潮吹きが可能な子もたくさんいますので、焦らず自分の遊びスタイルを持ってみてはいかがでしょうか。

元AV女優のさとう遥希以上の潮吹き

一般人女性とは思えないほどの演出をしてくれるチャトレが存在します。

潮吹きの代名詞として知られている、元AV女優のさとう遥希。

お世話になったという方も非常に多いのではないでしょうか。

あの潮吹きにも劣らない、むしろ超えていると言っても過言ではないほどの過激シーンをリアルタイムで視聴することができます。

作られた作品を見るのではなく、今まさにこの瞬間!という臨場感はライブちゃっとでなければ感じることはできません。

このようなチャトレは非常に人気です。

目安としてはパーティーチャットで視聴している数が多いチャトレが狙い目と言えるでしょう。

しかし、これはシチュエーション的に燃える展開などのようなこともあり、一概に潮吹きやおしっこぶっかけというわけではないので注意は必要です。

各種注意点

勘違いをされている方もいらっしゃるかもしれませんので一言添えておきます。

おしっこや潮吹きといったプレイが可能だから女性器を見られるということはありません。

性器を見せるのは公然わいせつ罪などの罪に問われてしまいますので、サイト側がそのようなことを了承することはなく、強制的にシャットダウンさせることもあります。

まずは、女の子におしっこや潮吹きプレイが可能かどうかを確認し、可能であればチャット予約をしルールを守った楽しいチャットをしましょう。

ライブチャットで男も稼げる?

ライブチャットでは女の子が待機しているのが普通だと思われていますが、「チャットボーイ」を擁するメンズチャットというものもあります。男性でもライブチャットで稼ぐことができる訳です。今回は、メンズチャットについて紹介します。

準備には何が要るの?

メンズチャットを始めるための準備は、女の子の場合と代わりません。一般的なスペックのPCに、Webカメラとヘッドセットマイクが基本です。カメラとマイクは安いものなら合わせて2,000円程度でもあり、気軽に手に入ります。もちろん文字だけでのやりとりもできますからマイクは必須ではありませんが、声を聞きたがるユーザーが多いので持っておいた方が良いでしょう。ちなみにサイトへの登録は無料でできますが、完全に歩合制なのでユーザーとのやり取りをどれだけこなすかがポイントになります。
この場合、服装や髪型、自分の背後の様子などはある程度こざっぱりさせることをお勧めします。一覧表示されている待機リストから誰を選ぶかはユーザー任せになりますが、清潔感があった方がアクセス件数を上げやすくなります。

どんな内容になるの?エロあり?

メンズチャットではノンアダルトが一般的です。男性はフィニッシュ回数に限度があるため、アダルト配信に向いていないからです。利用者は女性ばかりかと思いきや、ゲイの方々も多く利用するようで、いずれの相手にも応対できるのが理想です。ノンアダルトとはいいながらも話題がエロい方向に行くのは、運営会社の方針としても法律的にも全く問題がありません。むしろ深夜はエロ話でいかに盛り上がることができるかが勝負になるようです。コアタイムはだいたい23時から2時まで位で、この時間にPCの前に待機できればちょっとした副収入を稼ぐことができそうです。

利用者にゲイがいる、というのが以外でしたが、家にいながらできるちょっとしたアルバイトとしては面白さがあると思います。

どんな女の子がやっているの?

ライブチャットで相手をしてくれる女性を「チャットレディ」と言いますが、どんな女性がチャットレディをやっているのでしょうか。今回は、画面の向こうのチャットレディについての話題を紹介します。

どんな女の子がチャットレディをやっているの?

風俗嬢のお小遣い稼ぎになっている場合も多くありますが、ごく普通のOLや主婦も参加しています。チャットレディになるためには、ビデオチャットを利用してサイト運営会社と面接をする必要がありますが、18歳以上であればほぼ誰でも採用されます。経歴が問われることもありません。
ライブチャットでは、サーバが海外にあるなどの理由で日本では考えられない過激なエロい映像が観られることがありますが、その海外では特に青少年と性についてナーバスであり、現地の法に触れることになりますから、チャットレディの「18歳以上」という条件は厳しく遵守されています。

チャットレディの目的は?

チャットレディはPCとWebカメラがあれば誰でもできますが、現在ではスマホでも配信できるため、さらに身近になっています。彼女たちは男性とやり取りをすることによって収入を得ることができますが、巧く行けば時給換算で何千円にもなります。大変可能性のあるアルバイトだと言えるでしょう。
例えば学生さんやOLが学校や勤務の後に風俗店でがっつりバイトしようとしても、24時で退勤しなければなりません。一方ライブチャットは今の所風営法の規制を受けていませんので、何時まででも配信することができます。視聴が盛んに行なわれる時間帯は深夜になりますから、高額な副収入が狙えると言う訳です。自宅が映されるのを嫌って運営会社の事務所で待機するチャットレディもいますが、自宅から配信するのであれば出勤する時間も節約できます。

画面の向こうでチャットレディをやっている女の子は風俗嬢ばかりではなく、普通の女の子も多くいます。普通の女の子が見せてくれるエロい姿は趣き深いですよね。

どれだけお金がかかるの?

ライブチャットは単にエロい動画を観るだけでなく、相手とやり取りができるところが大きな魅力になっています。しかし気になるのは「どれだけお金がかかるのか」ではないでしょうか。今回は、ライブチャットでのお金の扱いについて紹介します。

ポイントを購入

ライブチャットの利用中に直接お金のやり取りがあるわけではありません。サイトであらかじめポイントを購入し、そのポイントを消費しながら利用するというスタイルが基本です。どのサイトもおおむね1ポイントあたり2ドル程度で、1ポイントあたり1分程度のやり取りができるようになっています。また男性側の操作でスイッチが入るローターなどがあり、これについても一定時間辺り何ポイントというように、サイトごとに定められています。
ポイントの買い方にはクレジットカードか銀行振込の二種類があります。クレジットカード決済の場合ポイント数に比例した料金になり、銀行振込では一度に購入するポイントが大きくなると割引になることが多くあります。このためちょこちょこポイントを買い足す人はカード決済で良く、一気にたくさん購入する人は振込がいいと言われますが、振込には手数料がかかりますから、それを思うとカードでも振込でもあまり違いはないと見るべきでしょう。

チャットレディにポイントを渡すことも

ポイントの使い方は視聴だけではありません。実際のお金のように、チャットレディにポイントを渡すことができます。チャットレディの収入もポイントで支払われるため、渡されたポイントはそのままチャットレディの収入になります。相手にポイントを渡すことを条件に、こちらのエッチなわがままを聞いてもらうなど、いろいろな使い方がされ、ライブチャットの醍醐味の一つになっています。

チャットレディにポイントを渡すことができるというのはよく考えられたシステムだと思われますね。ちょっとした駆け引きの要素も入ってきます。

そもそも、ライブチャットとは?

普通のエロ画像やエロ動画にはうすうす飽きてきてマンネリに思える、という方にはライブチャットがお勧めだと言われますが、ではそもそもライブチャットとはどう言う物なのでしょうか。今回はライブチャット自体について紹介します。

「ライブチャット」の定義

PCとWebカメラなどを使用し、インターネットを介してテレビ電話をすることを「ビデオチャット」と言います。イメージ的にはテレビ電話という理解で全く問題ありませんが、技術的には「音声によるチャット(=ボイスチャット)」と「Webカメラによるリアルタイム画像伝送」を合わせたものです。Webカメラの一般化に伴い、2002年頃から広まりました。現在ではスマホで利用できるビデオチャットも登場し、人気を集めています。
このビデオチャットを、男女のコミュニケーションを目的に使用するサービスが「ライブチャット」です。ですから「ライブチャットをする」と言うと、正確には男女がビデオチャットで楽しむためのサイトを運営するなどを言い、エッチな動画を視聴したり相手の女性とやり取りをしたりという場合には「ライブチャットを利用する」と言うのが正しい表現になります。

エロいのばっかりなの?

ライブチャットは男女のやり取りを目的としていますが、サイトごとに「アダルト系」と「ノンアダルト系」に分けられます。アダルト系はやり取りをしながら女性のエロい姿を楽しむことができますが、ノンアダルト系では楽しくお話をする所までが目的です。ノンアダルトのサイトでも相手との交渉次第でアダルト方向に持っていけることもありますが、エロが目的なら最初からアダルト系のライブチャットを利用した方が話が早いと考えられます。

今回はライブチャットのそもそも話を紹介しました。新規入会特典やキャンペーンなどで無料になることもありますが、エロいコンテンツは基本的には有料になります。料金についてしっかり把握して計画的に利用しましょう。

出会い目的でチャットレディと仲良くなるには

ライブチャットは動画番組のように閲覧することもできますが、基本的にはテレビ電話を利用したコミュニケーションの一形態となります。チャットレディと少しでも仲良くなることができれば楽しさもグンと上がりますね。ここではチャットレディと仲良くするためのコツを紹介します。

好感を持ってもらう

基本的にライブチャットは自宅で楽しむものなので、みだしなみに油断が出るのが普通です。相手に自分の姿や背景が送信されるので、それを意識してこざっぱりとした装いでPCの前に座るのが大事です。出会い系と違って相手の女の子は仕事でやっているので、こちらの身だしなみにケチを付けるようなことは全くありませんが、清潔感は女性と仲良くなるためには重要なキーワードになります。

挨拶と褒め言葉

チャットインしたらまずは挨拶をし、相手が初めての子なら自分の名前を伝えましょう。自分は客だからと横柄な態度で接してくる顧客が多いそうですから、これだけでも印象がだいぶ違いますよ。
ここで自然に褒める言葉が出せると、二人の距離感を一気に縮めることができます。女性は身につけるグッズの可愛さを重視しているばあいが多いので、褒める場合には目やスタイルなど肉体的な所よりも、イヤリングやネックレス、ファッションなどを褒めるのが効果的です。
落ちるときもバイバイとかありがとうなど、一言挨拶を加えると次回の印象へとつなぐことができます。のぞきなら別ですが、メインでやりとりしていたのに無言で落ちるのは大変失礼で、良い印象を残しません。

前回の話題を大事にする

2回目3回目のチャットでは、会話の中の映画や音楽、料理等教えてもらったものがあれば、試してみた感想などを言うのがポイントです。会話が発展することはもちろんですが、「覚えていてくれた」ということが女性にとっては強いアピールポイントになるからです。

番組を見るだけという楽しみ方から一歩進んで、相手の女の子と仲良くなってしまうと、いっそう楽しくなりますね。